宮城県牡鹿郡女川町の魚屋、岡清と鮮冷が綴る、女川の豊かな食と暮らしを彩る”さかな手帖”です。

生わかめのコロコロさつま揚げ


春が旬のワカメと鱈のすり身を、人参やひじき、豆腐などと一緒に丸め、油で丁寧にカラっと揚げました。
海の香り漂う、中はふんわりのさつま揚げです。

サンマの炙り寿司


さんまのフィレを形を整えたご飯にのせ、家庭用のバーナーで炙るだけ。本格的なお寿司が出来上がりです。