宮城県牡鹿郡女川町の魚屋、岡清と鮮冷が綴る、女川の豊かな食と暮らしを彩る”さかな手帖”です。

鯖の味噌煮


鯖のフィレを使った、定番の味噌煮です。

生の鯖は、臭みがあるため、熱湯を回しかけて臭み取りが必要ですが、鮮冷の鯖のフィレは臭みがないため、一手間いらないのが便利です。

Print Recipe
鯖の味噌煮
鯖の味噌煮
主な食材 さば刺身フィレ
分量
材料
  • 鯖のフィレ … 1切
  • 味噌 … 大さじ1
  • 醤油 … 大さじ1
  • 砂糖 … 大さじ1
  • ねぎ … 20cm
  • 生姜スライス … 4〜6枚
  • … 180cc
  • … 50cc
  • 後から足す味噌 … 大さじ1
主な食材 さば刺身フィレ
分量
材料
  • 鯖のフィレ … 1切
  • 味噌 … 大さじ1
  • 醤油 … 大さじ1
  • 砂糖 … 大さじ1
  • ねぎ … 20cm
  • 生姜スライス … 4〜6枚
  • … 180cc
  • … 50cc
  • 後から足す味噌 … 大さじ1
鯖の味噌煮
作り方
  1. 解凍した鯖のフィレに味が染み込みやすくなるよう、切れ目を入れ、生姜、ネギを写真の量くらい用意しておきます。
    解凍した鯖のフィレに味が染み込みやすくなるよう、切れ目を入れ、生姜、ネギを写真の量くらい用意しておきます。
  2. 味噌と醤油、砂糖を混ぜ合わせて
    味噌と醤油、砂糖を混ぜ合わせて
  3. 火にかけたフライパンの水と混ぜます
    火にかけたフライパンの水と混ぜます
  4. 溶けてきたところ。
    溶けてきたところ。
  5. ネギと生姜を入れて
    ネギと生姜を入れて
  6. 沸騰したら
    沸騰したら
  7. 鯖のフィレを入れ、酒を鯖にかけるように入れます。
    鯖のフィレを入れ、酒を鯖にかけるように入れます。
  8. 中火で煮て、とろみが出てきたら周りの味噌を回しかけます。
    中火で煮て、とろみが出てきたら周りの味噌を回しかけます。
  9. 火を止め、アルミ箔などで蓋をして、一晩おきます。
    火を止め、アルミ箔などで蓋をして、一晩おきます。
  10. 一晩たったら、材料の後から足す味噌大さじ1を鍋の煮汁でといて弱火で温めながら鯖に回しかけます。 (煮る味噌だけだと、風味が飛んでしまうため、後からの味噌が大切です。)
    一晩たったら、材料の後から足す味噌大さじ1を鍋の煮汁でといて弱火で温めながら鯖に回しかけます。
(煮る味噌だけだと、風味が飛んでしまうため、後からの味噌が大切です。)
  11. お皿に盛り、刻み生姜などを載せて、できあがり。
    お皿に盛り、刻み生姜などを載せて、できあがり。